ヨガは長く通える趣味であり生活習慣のようなもの

若い頃はちょっとアクティブな運動やスポーツも無理なくできていたのですが、年齢を重ねるごとに(特に40代くらいから)激しい運動ではない動きで健康維持したい、仲間やグループがなくてもひとりで好きな時間にできることが楽。という気持ちが出てきたような気がします。

でも仕事や家事に追われて疲れが抜けない、何か体によいことを趣味にしたいという気持ちは持っていたので、ヨガに興味を持ちました。ヨガは基本的にはひとりで自分のペースでできるのし、無理に通い続ける必要もないので、スタジオに通っても強制されることもなく気持ちがとても楽に続けられます。

熱中して通う時期、少しペースを落として通う時期、好きなように続けられ、またこれから年齢を重ねていってもずっと続けられると思います。ヨガをしている年齢層も若い方からシニア層、年配の方ととても幅広いので安心感もありますね。またスポーツという感じのかっこいいヨガもありますが、ベースはリラックスやリフレッシュのためにあるので、生活の中に無理なくとりこめて、自分の家でも、ヨガスタジオでもできるところもいいと思っています。

生活習慣の一部になれば健康や美容にもよく、体調も自然と保てるような、そんな雰囲気が魅力なのかなと感じます。
ただ、自分で続けようと思ってみても、家では慌ただしく、結局他のことに時間をとられてできないこともよくありますし、ひとりだとパターンも同じで、体の使い方も同じような動きになっていたり、正しいアライメントがとれずに無理をして体を痛めてしまったりすることも心配。

なのでヨガスタジオに通うことは、安全や安心、そしてつい運動をさぼりがちな自分のモチベーションをあげる、クラスメイトや先生と話をして刺激をもらう、そういった楽しみにつながるために必要だと感じています。ヨガの資格をとったりワークショップの情報があったりすると新しいことにチャレンジしたい気持ちや知識欲がでてきて、気持ちにもハリがでるのもよい点かと思っています。